公益社団法人栃木県経済同友会
第31回 経済同友会セミナー(栃木大会)
会員ページ
活動紹介 日本語版電子Book 活動紹介 English Ebook 同友酒場 同友とちぎ Facebookページはこちら とちぎで輝くWork Style

表彰事業

優秀経営者賞
深井 孟氏 (株式会社深井製作所 代表取締役社長)

深井氏が代表取締役社長を務める(株)深井製作所は、昭和8年8月に前代表者深井義信氏が東京都荒川区で創業。個人経営の金属プレス加工業を中島飛行機の要請で足利市に移転。昭和13年法人に改組。昭和55年、孟氏が社長に就任し現在に至る。

当地の老舗であり、規模・実績・技術力はトップレベル。元々富士重工業(株)の協力工場として創業しており、新製品の開発から製造まで手掛けるなど関係が深く、安定した基盤となっている。平成17年頃から提案型企業を目指し、技術指導型に軸足を移している。プレス加工技術は大手自動車メーカーに採用されるなど強みを持つ。

平成21年には「ヒートインシュレーター」(自動車の排気管を覆う遮熱版向けに開発した技術)の特許を取得し自動車メーカーの新車に採用されたほか、航空機や建設機械等にも事業展開している。近年は国際的な品質と独創的な技術でグローバル化を進め、ここ数期の決算は増収増益を継続。今年は初の海外拠点を稼働させるなど更なる成長も見込まれる。徹底的な社員や技術者の教育が功を奏しており、特にグッドデザイン賞にも選ばれた金属加工技術のembrella(エンブレラ)は富士重工業や三菱自動車などの自動車メーカーだけでなく、モータースポーツ分野でも利用されている。

深井氏の強いリーダーシップのもと「5S活動」を全社的に展開、従業員のモチベーションを上げるべく人事制度の見直しに着手し、その後の当社発展の基盤を築く。バブル崩壊により日本経済が低迷する中「技術立社」をスローガンに掲げ高度な技術、効率的な生産体制を確立し着実な成長につなげた。従業員の教育にも注力し従業員を最大限信用することで新たな事業展開、飛躍にもつなげている。また、近隣の清掃活動等を通じ、地域から愛される企業を創造している。

平成28年度

優秀起業家賞
大澤 光司氏(株式会社メディカルグリーン 代表取締役)

大澤氏が代表取締役を務める(株)メディカルグリーンは昭和61年に創業し、現在は調剤薬局13店舗、認可外保育所2店舗、デイサービス2店舗、居宅介護支援事務所2店舗の合計19事業所を運営。本業の調剤薬局では薬剤師一人一人が主体的に学び続ける企業風土が根付いており、患者に愛される薬局づくりを行っている。

単に薬を調合し渡すだけでなく、患者の気持ちを良く理解し、服薬や日常生活のアドバイスを行っている。また、毎年、計画的に店舗を増やし売上増加につなげている。近年は介護分野にも進出し、薬物療法の医療的なサービスと介護・福祉的なサービスを組み合わせ、シナジー効果を生み出し事業拡大につなげている。また、働く女性をサポートすべく、保育所の運営も開始するなど、地域貢献にも積極的である。

大澤氏は創業以来時代の変化に合わせた新たなチャレンジを繰り返し、会社を成長させている。薬局内に病院レベルのクリーンルームを併設するなど、患者の安心につなげる経営を心掛け、栃木県の在宅医療の底上げに大きく寄与している。介護福祉事業、保健事業にも進出し、少子高齢化社会の課題解決を図り地域貢献につなげており、事業を通して、地域住民が安心して生活できる医療環境・社会環境を創出している。

また、経営会社外の活動として年間数十回講演会の講師を務めたり、産学官連携事業として「スマイルオーブナー」(ペットボトルのキャップを片手で簡単に開けるための補助器具:障害を持つ方や力の弱い高齢者・女性・子供を対象)の開発にも携わる。

平成28年度

美しいまちづくり賞
ライトアップ日光実行委員会(日光商工会議所)

旧日光地区は修学旅行や紅葉を目的に訪れる観光客が多く、JRや東武日光駅周辺から徒歩でメインストリートを散策しながら世界遺産日光の社寺を目指す観光客の姿を良く見かける。古くは鎌倉時代以降、日光権現を祀る山々が知られるようになり、江戸時代に徳川家康公及び家光公の廟所となって以来、日光東照宮の門前町として参拝客で賑わった。

以後、「日光を見ずにして結構ということなかれ」という言葉で観光地・景勝地として知られるようになった。
しかし、バブル崩壊以降、門前町は徐々に空き店舗が見られるようになったほか、観光客の減少傾向が続いた。また、道路網が発達する中、日光は特殊な道路事情により特に秋の紅葉シーズンは渋滞を考慮し日光への訪問を避けるとの声も多く聞かれるようになった。

そのような状況を打開すべく、日光市観光協会や日光青年会議所が中心となりライトアップ日光実行委員会を発足。本年度で22回を数える。
ライトアップ日光の目的は「昔からある価値」に対し「付加価値」を加えることで「新たな価値」を創造することである。昔からある価値とは「日光の社寺」を指すが、日光の社寺は平和の象徴、顕著な普遍的価値を有するとされ1999年にユネスコに世界文化遺産として登録された。

ライトアップ日光は日光の二社一寺まで誘うための道標の役割も果たしている。この美しい街並みを見るために毎年3日間で1万5千人から2万人の観光客が日光を訪れる。ライトアップは紅葉の季節に開催されるが、日中の渋滞を回避したい観光客に対する配慮とも受け取れる。近年ではライトアップ日光の趣旨に賛同し、日光山輪王寺がライトアップ、日光温泉旅館協同組合がキャンドルページェントを行うなど幻想的かつ美しい夜の日光を演出する動きが浸透しつつある。 ライトアップ日光実行委員会の取組みは、2016年度までに22回開催している。

県外も含め日光市外の観光客も80%弱と認知度は年々向上している。また、リピーターも約25%と安定した集客につながっており、日光の"まちづくり"に大きく貢献していることから、当委員会の活動はまちづくりの模範である。

平成28年度

過去の表彰受賞者

このページのトップへ